header

Wonder-Still-Life

"Wonder-travelling.com"のブログです。
サイトにリンクした情報からちょっとプライベートな話まで、
日々のコラムを綴っていきます。
サイトや商品のご感想などもぜひこちらにお寄せください!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
Carnival


セレクトショップLamp Harajukuさんのウィンドウディスプレイをやらせていただいております。wonder〜ではおなじみの、フィンランドのデザイナーUlla-Maj Saarinenによるトイ・ブローチを使ったディスプレイ。彼女は子供の頃から身の回りにあった材料を使って、空想を広げてブローチを作っています。その空想のひとつにサーカスというキーワードがあるので、今回のディスプレイは”動物たちのCarnival"というテーマで飾らせていただきました。



紙でテントを作り、その中にもブローチを。葉巻boxの中にも。
これだけたくさんあると超ラブリーです。



こちらはメキシコの伝統的なハリボテで作られたライオンです。
不思議な表情が良いのでお気に入り。

ショップスタッフの方たち(これがまた本当にかわいらしい方ばかり)がみんなブローチを付けてくださっていて、Lampさんのかわいいお洋服にブローチがぴったり。店員さん、お洋服、ブローチとセットで部屋に飾りたくなってしまうほど、ラブリーな雰囲気です。
6/末まで展示されていますので、ぜひ遊びにいらしてください。
| Still Life | 19:37 | comments(0) | -
Monster's Christmas


Collex Livingさんのクリスマスディスプレイをやらせていただきました。「いわゆる赤と緑のクリスマスにはしたくない」とのオーダーだったので、ちょっと変わった感じにしなくちゃ…と試行錯誤。まずは「クリスマスの前夜、子供がトイレに起きたときに見てしまった不思議な光景」というストーリーを作り、プレゼントから出て来たぬいぐるみがパーティをしちゃってることに決定。でも普通のぬいぐるみじゃつまらない…子供が「見ちゃった」光景だから、ちょっとコワイ感じが欲しい…コワイぬいぐるみ、ないかなあ…と悩むうち、ふと思いついたのがPeloqoon(ペロクーン)さん。カワイイぬいぐるみなのに、目がとれちゃったり、血にまみれていたりする、コワかわいい作品を作る方なのです。



これはモビールになっていて、美女と野獣(おばけ?)をイメージされているんだそうです。私としてはまさにツボ。触感も良いのですよ。ちょっと使い込んだような毛並みになっているんです。

そんなこんなで時間も無いのに無理を言ってお願いしたところ、作ってくださることになり、しかもご自宅で飾られている大きな作品をディスプレイ用に貸してくださることになりました。それで出来上がったのが、こんな感じです。



このシカ!すごいインパクトでしょ〜。うちにも一つ欲しいです。

クリスマスが終わるまで展示されていますので、ぜひ遊びにいらしてください。Peloqoonさんのモビール等も販売されています。Still Lifeからもちょっとだけ、クリスマスにまつわるアイテム(マリア像や東欧のクリスマスオーナメント等)を販売させていただいてます。また、Peloqoonさんの作品はgelchopさんやchigoさんでも見ることができます。
| Still Life | 17:25 | comments(0) | -
ビスケットブローチ


以前「I need Sweets」というイベントをやった際、「ビスケットブローチ」というStill Lifeオリジナルアイテムを作りました。100個限定で作ったのですが、なかなかどうして意外に人気者で、すぐに無くなってしまいました。いくつかの雑誌が掲載してくださったのですが、既に無くなってしまった後で、お問合せのお電話をいただいても次回の予定は未定としかお伝えできず、大変申し訳なく思っておりました。
ですが今回、クリスマスに向けて新たに製作することになりました。



ビスケット部分は食品サンプルの職人さんに作っていただいています。この職人さんの技術はすばらしく、こんがり焦げた雰囲気がとても良くでていて、本当に美味しそうなんですよ。そこに書かれた「I need Sweets」の文字は、女の子の勲章ですね。リボンは私がひとつひとつ色を選んで手作りで取り付けています。

お問合せくださった方がもしこちらをご覧になっていたら、ぜひ再度お問合せくださいませ。また、CIBONEさんの各店舗でお取り扱いしてくださっていますので、実物をご覧になっていただけると嬉しいです。
| Still Life | 16:52 | comments(0) | -
I need Sweets


すっかりご無沙汰してしまいました…。イベントの準備で、ずっとアタフタしておりました。

Collex Livingさんで「I need Sweets」というイベントをやらせていただいております。フェイクのスイーツを作って、スイーツマニアの女の子のテーブルを表現してみました。

スイーツと女の子の関係って、すごくシンプルな気がします。ひと目見た途端に感情に直結。幸せに直結しているという感じ。この感じがすごく好きなんです。スイーツを目の前にした途端、目がキラキラ輝いて表情がぱーっと明るくなる感じ、本当の気持ちの動きだな…という感じがするんです。

私たちはモノを選ぶとき、こんな風に本当の「好き」で選んでいること、どれだけあるでしょうか?情報がありすぎて何を選んだらいいのか何を飾ったらいいのか、分からなくなることも多いのではないでしょうか…?

”ブーム”って何なんだろう…と思います。ちょっと前までは”家具ブーム”、今は”デザインブーム”、少し前までは”北欧ブーム”、今は”ダッチデザインブーム”…?どの雑誌も同じアイテム、同じデザイナーを取り上げ、それに振り回されてモノを買う私たち…。

私自身も、きっと振り回されています。情報にだけでなく、いろいろな雑念に。でも本当に幸せなのは、心が動くほど「好き」という気持ちから選んだモノとの関係ですよね。スイーツを前にしたときの衝動と同じくらいに。

そこでスイーツと女の子の関係、心の動きを形にしてみたいと思いました。「I need 〜」という気持ちは、自分にとっての真実。モノを選ぶとき、何かを始めるとき、まずはそれに耳を傾けてみるのもいいのではないでしょうか…?そんな思いでこのイベントを企画させていただきました。

こんな感じでテーブルを飾っています。



フェイクのスイーツをたくさん作りましたよ〜。ケーキはスチロールの丸形に粘土で飾り付けし、その上に「ジェルメディウム」というアクリルの素材に絵の具で色をつけて塗り、「モデリングペースト」という素材を絞って生クリームのように見せました。



左はビックマカロン。マカロンの皮は粘土で作り、クリームは「モデリングペースト」です。そして右はビスケットを象ったブローチ。ビスケット部分は食品サンプルの職人さんに作っていただいたので、リアルで美味しそうなんですよ〜。こんがり焦げた感じとかが絶妙です。リボン部分は私が手作業で作りました。こちらは販売していますので、とにかくぜひぜひご覧になってみてください!

| Still Life | 16:22 | comments(2) | -
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
Wonder-travelling.com
Mobile
qrcode
SPONSORED LINKS
みんなのブログポータル JUGEM