header

Wonder-Still-Life

"Wonder-travelling.com"のブログです。
サイトにリンクした情報からちょっとプライベートな話まで、
日々のコラムを綴っていきます。
サイトや商品のご感想などもぜひこちらにお寄せください!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -
オーレ・エクセル展in東京 はじまりました


東京でのオーレ・エクセル展が5/30からはじまりました。今回は会場がちょっぴり広いため、物量も多く、充実した内容になったと思います。とにかくオーレさんの言いたかったこと、やりたかったことを辿っていって、それを伝えられるようにと構成していきました。



はじまりは展覧会テーマから。「デザインって何?」という意味のタイトルです。



この3枚のタペストリーは、オーレさんの著書「Design=Ekonomi」の冒頭に出てくるプロローグを大きくプリントしたものです。1964年、ストックホルムに初めて本格的にデザインを施された建物が完成しました。この著書の冒頭にこの建物のイラストを描き、ページを追うごとに建物周辺の”デザインされたもの”にズームアップしていきます。そこに数行の文章を添え、「スウェーデンの今のデザインはこれが最高なのか?それとももっと良くなっていくのか?あなたは無関心?」そんなメッセージを読者に投げかけています。



オーレさんは地元の新聞にコラムを持ち、17年もデザイン理論を書き続けていました。その一部も展示しています。「Design=Ekonomi」はそれをまとめて作った著書なのです。



「Design=Ekonomi」には、IBM社のコーポレートデザイン例が大きく取り上げられています。オーレさんがアメリカに留学した際、巨匠ポール・ランドがやったIBMのトータルデザインに大きく影響を受けたのだそう。アメリカ留学をターニングポイントとして、オーレさんのデザイン理論が出来上がっていきます。



そのデザイン理論をもとに世に送り出された実績が、お菓子メーカーMazetti社のデザイン。実際、オーレさんがデザインにかかわってからこの会社のシェアはかなり上がったのだそうで、オーレさんの理論が実証されたことになります。



どどーん!一番人気はこのチョコレート詰め合わせ。オーレさんも特に思い入れがあった作品のようです。オーレさんは理論的でありながらも、実際のデザインは物語を見ているかのようにわくわくさせられるものばかり。理論と遊び心のバランスが取れている人だったことが伺われます。



社用の書類や名刺のデザインまで、オーレさんがやりました。



他に、企業のロゴマークのデザイン、絵本やブックデザインなども展示してあります。



「どのパッケージが目立つ?」と題してこのような展示コーナーを作りました。オーレさんの時代に当たり前にあったパッケージの中にオーレさんのチョコレートを入れると、とても惹き立ちます。シンプルで、商品のアピールポイントが何なのか分かりやすく、それでいて親しみやすい。そしてその中に一緒に入れているのが、今のスウェーデンデザインのArlaとYoggi。今のスウェーデンのかわいいかわいいパッケージデザインは、オーレさんの考え方の流れを汲んでいるのが分かります。

シンプルで明確なメッセージをそのままデザインすれば人に伝わるし、人を幸せにする力を発揮する(経済に結びつくというのはそういうことですものね、でも行き過ぎはダメです…)。私たちの周りにあるデザインはどうなのでしょう?自分たちの作るデザインは…?改めてそんなことを考えさせられます。

コレックス・ギャラリー・スピークフォーにて
5/30(土)〜6/15(日)(月曜定休)
| デザイン | 17:20 | comments(0) | -
オーレ・エクセル展がはじまりました
大変ご無沙汰してしまいました…。大小さまざまなお仕事が重なり、ニッチもサッチもいかなくなっておりました。(wonder〜もサボっていたわけではないのです。スーベニールはいろいろとたまっているのです…近々アップ致しますので、どうぞ気長におつきあいくださいませ…m(_ _)m)

さて先日、京都に行って参りました。スウェーデンのグラフィックデザイナー、オーレ・エクセルさんの展覧会をGlyph.(夫と一緒にやっている会社です)で企画させていただくことになり、まずは京都の恵文社さんのギャラリーからスタートすることになったので、その設置に行ってきました。

オーレ・エクセルさんは、wonder〜のお客さまでもご存知の方は多いかと思います。スウェーデンのスーパーマーケットに行けば今でも写真のようなパッケージが売られていますが、この有名な「ココアイズ」をデザインしたのがオーレさんです。



初めてこの「ココアイズ」を見かけたとき、何でもないただの目のマークなのに、なんかカワイイ!と心惹かれて沢山買ったのを覚えています。このパッケージを見てそんな風に感じる人、多いのではないでしょうか。展覧会をするにあたって他のパッケージデザインをいろいろと見せてもらったのですが、どれもこれもとってもカワイイ。シンプルで親しみやすく、魅力的。それらが魅力的に見えるのは、オーレさんのデザインに対する真摯な思いが見る人に伝わるからなのかもしれません。

オーレさんは「Design=Ekonomi(経済)」という本を書き、デザインのあり方を理論的に説いているのですが、ここにオーレさんの言いたい事が集約されているようです。『良いデザインは、良い経済効果をもたらすものである』もの作りにかかわる人であれば、誰でも「どきり」とさせられる言葉ですね。『デザインとは、ものをメーカーから消費者まで”導く”こと』『”分かりやすく”導かなくてはならない』

その考えに基づいて、オーレさんはこのココアイズの入ったチョコレート(お菓子)会社のデザインを、ほとんど全部やったんです。パッケージ、広告、POP、ノベルティ、社用の封筒や名刺のデザインまで…。そうすることで、この会社の商品の楽しさ、価値が分かりやすく消費者に伝わることになりました。この会社は今では別の企業に買収されてしまいましたが、それでもオーレさんのデザインした「ココアイズ」は今でも使われ、親しまれています。

オーレさんの言いたかったことはとてもシンプルで正しく、はっとさせられます。そこで私たちは今回の展覧会のテーマを「Vad ar design?(デザインって何?)」にしました。この言葉は「Design=Ekonomi」の冒頭に出てくるのです。この本はとても素晴らしいのですが、なにせスウェーデン語なので、気になる方は今回の展覧会を見ていただければ、内容が伝わってくるかと思います。貴重な原画やプロトタイプもたくさん展示しています。

4/22〜5/5 恵文社ギャラリーアンフェール
5月末〜東京で開催予定



| デザイン | 17:50 | comments(2) | -
Claydiesのアトリエ訪問


コペンハーゲンに着いて2日目。「Grass Vase」を作っているセラミックデザイナー「Claydies」のアトリエに行ってきました。今までメールでのやり取りのみで、会うのははじめて。カレンとティーネ。若くてかわいい女の子の2人組です。

若くてかわいい彼女たちの活動は、とてもコンセプチュアル。セラミックの可能性を彼女たちなりに遊び心を取り入れながら、追求しています。プロダクトとして販売しているのは「Grass Vase」のみで、活動のほとんどはエキシビジョン。デンマークのあちこちのギャラリーからエキシビジョンのお声がかかり、その度に新しいコンセプトを考え、作品を製作するのだそうです。デンマークでは若手デザイナーの作品を大きく取り上げるギャラリーも媒体もたくさんあって、たくさんのインディーズデザイナーが活躍しています。荒削りだけどストーリーがあって動きのある作品ばかりで、とてもおもしろいのです。



こちらは新しいエキシビジョン用の作品なのだそう。目隠しをして手探りで作る食器類。本能のおもむくままに手が動くので、これがほんとのハンドメイドというコンセプトなのですって。既成概念を取り払うというテーマが隠されています。



これは私のお気に入り。でも売っていないんです。残念…。まるで布のようなセラミック。布のようにシワがより、ステッチは手描きです。エキシビジョンでは洋服と一緒に洗濯している姿が…。カワイイでしょ?



この作品のテーマはホラー。セラミックが作られる過程の粘土の気持ちを考えるとそれはホラー…絞められて、切り刻まれて、穴をあけられて…。血まで流れています…^^



カレンはロイヤルコペンハーゲンの「mega」シリーズを手がけています。採用されたのは彼女がまだ学生だった時。大老舗の陶磁器メーカーが学生の女の子のアイデアを採用…スゴイことです。しかもロイコペ側はそのことをちゃんと明記しているんです。これはアトリエにあった試作なのかプレゼン用の下絵かな…?

そんな彼女たちの唯一のプロダクト「Grass Vase」は、日本でもちょこちょこ取り上げていただくようになりました。この春からアメリカンラグシーさんでもお取り扱いくださっていますので、ぜひぜひ実物をご覧になってみてくださいね!
| デザイン | 16:57 | comments(2) | -
Ivana Helsinkiのキャンドル


イヴァナ・ヘルシンキのキャンドルです?
以前フィンランドに行ったとき、このキャンドルを探したのですが見つからず…、なんで現地に無いの〜?とぶつぶつ言いながらも同じ柄のベッドカバーとピローケースを買ってきました。



が、そのキャンドルがこの秋からコレックスさんに上陸!早速購入しました。このマトリョーシカ、よく見るととっても愛らしい顔つきなのですよ。イヴァナ・ヘルシンキのテキスタイルはいかにもフィンランドらしい感覚と、乙女チックラブリー、ちょっとトンがったアヴァンギャルド、いろいろなものが混ざっているので飽きません^^。次はどんな柄が出るのか楽しみです。

| デザイン | 16:33 | comments(0) | trackbacks(0)
イヌイットの写真集


フィンランドで見つけた「Inughuit」という写真集です。
フィンランドの若手フォトグラファーTiina Itkonenが、グリーンランドのイヌイットの日常生活を撮りだめたもの。
これがカワイイ写真集なんです。ここ最近の流行りなのか、ちょっとぼわ〜っとしたスモーキーな雰囲気の撮り方で(写真に詳しくなくてごめんなさい)、ひたすら続く雪と氷の白、ところどころにキレイなブルー、室内に入るとかわいいピンクの壁、鮮やかな色の洗濯物…とにかくまずは色味がキレイなんです。それにうっとりと惹きこまれ、次に人々の素朴な雰囲気になにやらハッピーな気分にさせられます。





身振り手振りで語るおじさんや、ひょうきんに踊るお父さんの様子がコマ割りで描かれていたりするのですが、その表情の豊かなこと!この人といるとなんか楽しい気分になる…って人いますよね。そんな人と出会ったような、あたたかくて楽しい気持ちに。
子供たちも含め、人々の表情がとても自然なことに驚かされます。なんというか、貧しくも裕福でもない、自然に暮らしている人の表情といった感じがします。嬉しいことを嬉しいと感じ、悲しいことを悲しいと感じることを自然にしながら暮らしているんだろうな…と想像できるような。

眺めているだけで暖かくてハッピーな気分になれる写真集です。
もちろんインテリアもかなり素敵!ピンクやグリーンの壁はツボです。

フィンランドのLibrisという出版社 「Inughuit」 写真:Tiina Itkonen 
www.libris.fi
| デザイン | 23:53 | comments(1) | trackbacks(2)
UNDER A TENNER


これは数年前に、ロンドンのデザインミュージアムで見た展覧会です。とても心に残った大好きなエキシビジョンだったので、ずっと気になっていたのですが…、「Grafik」というイギリスの雑誌にこの内容が掲載されているではありませんか。見ているうちにワクワク感がよみがえってきました。

「UNDER A TENNER」というタイトルの小さなエキシビジョン。私が見た時ははずかしながら、タイトルの意味が理解できなかったのですが…、でもとてもシンプルにまとめられていたので、内容はすぐに伝わってきました。世界的に著名なデザイナーたちが名を連ねていて、それぞれチープなモノをいくつか選び、グッドデザイン賞を贈るといった雰囲気。(後で雑誌を見たところによるとタイトルは”10ポンド以下”という意味でした)ロン・アラッド、ジャスパー・モリソン、ヘラ・ヨンゲリウス、深沢さん…といったスゴイ面々が、懐中電灯とかクギとか無印のグッズとかグンゼのパンツみたいなものを選び、それらがガラスケースに恭しく飾られています。

こういう感じ、好きです(^^)。当たり前すぎて気づかないモノにスポットを当て、それがミュージアムのガラスケースに飾られるというのが良いですね。でも身近にあるということはそれは心地良くデザインされているものだということで…、デザインて何?と考えさせられます。



展内は撮影OKだったので、ここぞとばかりに写真を。
こちらはどなたのチョイスだったか忘れてしまいましたが、ボロボロの手袋とかチープなキーホルダーとか…、素敵です。



ヘラ・ヨンゲリウスのコーナー。



ヨンゲリウスの選んだチープな花瓶たち。こんなところからもインスピレーションを得ているのかと思うとドキドキ…。それにしてもどうしてピンボケ…?悔やまれます…

選ばれたアイテムにはひとつひとつ、子供が「よくできました」と学校でもらえるような花飾りが付けられています。そして最後には「あなたにとってのUNDER A TENNERは?」というコーナーがあり、置いてある「よくできました」飾りのメモにそれを書き、壁に貼って参加することができる、というオチが…。

これはスペースもそれ程広くはない小さなエキシビジョンだったのですが、とてもとても楽しく、印象に残る展示でした。コンセプトはもとより、展示の見せ方、会場の作り方が、そんなに凝っていないんだけれど、楽しく演出されていて。名画がただ並んでいるだけの展覧会よりも、私はこういう方が好きです。テーマパークにいるのと近いわくわくを感じます(^^)。

雑誌には、会場のデザインは2人組のグラフィックデザイナーが手がけたと書いてありました。写真を見ると、私たちと同世代風の女の子(あ、違うか…?)たち。最近、好きだな〜と感じるものを同世代の女性がやっていると知ることが多く、なんだか嬉しくなります。
| デザイン | 17:34 | comments(2) | trackbacks(0)
I love 標識


標識が好きです。旅先で標識の写真を撮っては、集めております♪
いつも見慣れているものが、他の国だとどんな感じなんだろ〜というのがおもしろいのですね(^^)。
上の写真は、スウェーデンの工事現場にあったサインプレートです。オジさん、ダメだと言ってるようだけど、こんなにかわいくてナメられないかしら…



こちらもスウェーデン。スピード落とせ!子供に注意!と言っているのですが…説得力ないイラスト…。かわいすぎて和んでしまいます。



スウェーデンの電車にある、ドアに注意!のサイン。がん!て感じ。これは痛そうです…。



こちらはポルトガル。思いっきり挟まってますね…。



こちらはデンマークの玄関の横にあるステッカー。セコムしてますよ〜といった感じなのでしょうか…?それにしてもカワイイ。



こちらはベルギーの地下鉄の標識。分かりやすい。東京でもこのくらいやってほしいです。



こちらは伊豆で見かけた優しい標識。でも、"ここまで"なの?なんで…?
| デザイン | 18:41 | comments(6) | trackbacks(0)
milk!


写真右は、友達がバリで買ってきてくれたミルク、左は妹がニューヨークで買ってきてくれたミルクです。バリのゆる〜い感じの牛ちゃんと、ニューヨークの元気な牛ちゃん、どちらもカワイイ♪



我が家のミルクパッケージコレクションズです。リビングにずらりと飾っているのですが、そこだけやたらと楽しい雰囲気。いろいろな国のハッピーな朝の食卓の象徴が一堂に会したかのようで、幸せ気分にさせられます。



左は友達が撮ってきてくれたバリのスーパーのミルクコーナー。ゆる牛が並んだコーナー、楽しいですね。右はハワイのミルクコーナーの写真。ニューヨークと同じミルクがあるんですねー。




言わずと知れたスウェーデンarlaミルクボトル、走る牛がかわいいベルギーのミルク、シンプルで美しいデザインのオランダのミルク、素朴〜な雰囲気のポルトガルのミルク。
| デザイン | 20:01 | comments(4) | trackbacks(0)
アフリカリミックス展


ちょっと前になりますが、森美術館で行われているアフリカリミックス展に行ってきました。アフリカのアートってほとんど見た事がないので、興味津々。ほとんどが私の好きな現代アートばかりで、興奮気味で館内を廻りました。

見ているうちに、素朴な疑問が。アフリカの現代美術って、どうしてこんなに知られていないのでしょう…? でもこの展示を見ていてなんとなく感じたのは、アフリカは「犠牲者」であるという雰囲気がどことなく漂っていて…見ていてなんとなくそれがチクチク痛い感じ。西欧の人々は特にそう感じるのかもしれないなあ、と。「罪悪感」としてつきつけられるようで、見たくない、見るのが怖いといった感覚が沸いて、それでアフリカ現代美術はなかなか入ってこないのかもしれないな…という気がしました。

カタログでは、アフリカの闇は「西洋の進歩のゴミ箱」であって、アフリカの現代美術は西洋の人々にとって、自分たちがしたことを映し出す「スクリーン」なのだと表現されていました。確かにそれは見たくない…。私たちは意識的にも無意識的にも、誰かを迫害したり排除したりしてしまうことがあって…、それは取り返しがつかないけれど、今の私たちにできることはそれを「見る」ことなのかもしれないですね。そんなことを思いました。

すごく素敵な作品もたくさんありました。でもでも、これらはこれですばらしいんだけれど、私はアフリカにはもっと「生命力」「力強さ」「魂」なんかの表現をイメージしていたので…それよりもどちらかと言うと西欧によって抑えつけられた圧迫感のようなものの表現が強かったのが、ちょっと悲しかったな…と。アフリカはそもそも生命誕生の地のはず。本質は誰よりもパワーに溢れる人種なんじゃないのかなあ…?それが現代アートの中でものびのび表現できているのが感じられたら、もっともっともっとスゴイ気がするのにな。そういう作品もたくさんあるのかなあ…?

工芸とか民芸品はまた違うのかもしれないですね。作品の中にチラホラ見えたテキスタイルはすごく素敵!気になる気になる…。今度はアフリカの民芸展が見てみたいなあ…
そうそう、場所は違うけどナスカ展にも行きたかったのです。終わってしまって残念無念…。





上から、ガーダ・アメール(キャンバスに刺繍を用い、家事にとらわれる女性像を表現)、インカ・ショニバレ(ヴィクトリア朝の家具をアフリカの布で覆い、イギリスのブルジョワジーと植民地化の皮肉を表現)、オマール・D(アルジェリア国民の希望と尊厳を表現)
※雰囲気を伝えるため、写真をカタログから拝借しました。少しトリミングをしています。
| デザイン | 16:42 | comments(0) | trackbacks(0)
北欧にまつわるいろいろな展覧会


この後に及んで、リンドベリが気になっています。マイブームはいつどんな時にやってくるか分からないから困ってしまう。ずいぶん前、夫が山のようにリンドベリを買っていた頃は「ふ〜ん…」と思っただけで流し、流行がピークに達した頃は「かわいいけど流行りものはイヤ」というあまのじゃく気質から深入りせずにいたので、タイミングを逃してしまったのでした。好きになってしまうのが怖くて(?)見ないようにしていたところがあったのですが…スウェーデン人の方のお宅にお邪魔したとき、アダムでカフェラテが出てきた瞬間…落ちてしまったのでした。やっぱりカワイイ。形も柄のデザインも。遅ればせながら私の中にリンドベリブームが…。

そんな訳でいろいろ気にしていたら、スウェーデンのナショナルミュージアムでリンドベリ展がやっているようです。→こちら
いつの間にやら夫がそのカタログを入手していたので見ると、カタログ自体の内容も結構良いですよ。写真満載で、本としても楽しめるし資料としても使えそうです。表紙もカワイイ。


そしてマイブームの波はフィンランドにも。同じ理由であまり見てこなかったカイ・フランクも、今更ながら気になっております。と思ったら庭園美術館でアラビア展が開催中なので、見に行ってきました。→こちら
アラビアがテーブルウェアとして、機能とデザイン性を追究していく様が感じられます。ティーマはやっぱりすごいなあと改めて思えたりします。
展示内容に関しては、夫が既に書いているのですが、私も同感でした。→こちら
でも庭園美術館のすがすがしい空気が今の季節、とても良いです。カフェの抹茶ブリュレも◎。

そんな訳でまだまだ気になる北欧。wonder-travelling.comの来月の特集は、ストックホルムです。こまごましたスーベニールがたくさん。ぜひ遊びにいらしてくださいませ(^^)
| デザイン | 22:18 | comments(10) | trackbacks(0)
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE
Wonder-travelling.com
Mobile
qrcode
SPONSORED LINKS
みんなのブログポータル JUGEM